専門家

ベラジョンカジノのペイアウト率が高いビデオスロットがおススメの理由。還元率を知れば、カジノがもっと楽しくなる

控除率ブラックゴールドスロット 64713

今までベラジョンカジノをプレイしてきて、また賞金獲得プレイヤーを見てきて感じる 「勝てるゲーム」「勝ちやすいゲーム」 を考察&紹介していきます。

オンラインカジノでよく見かけるペイアウト率の正体

クラップス は、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けるのは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。 ルーレット は、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字に近いところにボールを落とせると思います。( 昔はズバリ狙えるディーラーがたくさんいた そう)。 バカラ も難しそうなゲームと思いつつ、とっても単純なゲーム。ですがこのゲームは、どちらが勝つかを予想するだけで、ゲームの勝敗にあなたの意思は関係ありません。ですから運に左右されます。オンカジでは、日本人が好きなテーブルゲームがこのバカラです。ハウスエッジの高い【引き分け】には間違っても賭けないように。 そして、ワタクシの好きな ブラックジャック 。これは、確率から計算されたベーシックストラテジーというものがありまして、それを忠実に守ってプレイすれば、ハウスエッジはかなり低いのです。最初は「えー、そんなの信じなーい」と思ってプレイしてましたが、やはり、プレイすればするほどこのストラテジーは「なるほど」と思うようになりました。カードを引くか引かないか、というあなたの意思も勝敗に左右される、腕にも左右されるゲームです。ディーラーがAを持っている時のインシュアランスは無視しましょう。ハウスエッジを考えると、ブラックジャックだったら諦める、とした方が身のためです。

哲式クイーンカジノのボーナスの効率的な戦略集【これを読んで勝て!】

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。 こう考えると、ペイアウト率が高いからと言って必ず勝てるわけではないということがわかると思います。ただ、ペイアウト率が高いほうが、より勝てるチャンスがあるのは事実です。 より高いペイアウト率のゲームを選んで挑むのは、 戦略 として間違いではありません 。 ペイアウト率はプレイヤーの取り分。 ハウスエッジは胴元側の取り分。 つまり、ペイアウト率+ハウスエッジは必ずパーセントになるわけです 。 ただ、胴元の取り分を明示すると「 必ず負ける 」という印象が強くなってしまいがちです。そのためか、大抵のギャンブルの場合、ハウスエッジではなく、ペイアウト率のほうが公開されています。オンラインカジノでも同様で、ハウスエッジが公開されているというのは聞いたことがありません。 ちなみに、攻略サイトや書籍などでは「 ハウスエッジが低いゲームを選べ 」と書かれていることがよくあります。これは、「 ペイアウト率の高いゲームを選べ 」とイコールだと理解しておきましょう。 ペイアウト率はゲームによっていろいろと呼び方が変わります 。 パチスロで遊んだことのある人は「 機械割 」という言葉を聞いたことがあると思います。あれもペイアウト率のことです。 ペイアウト率はほかにも「 還元率 」「 出玉率 」「 期待値 」などさまざまな呼び方をされますので、知らないと混乱してしまうかもしれません。 どれだけの確率で勝てるかを示した数値があったら、ペイアウト率だと思っておいても差し支えないでしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。