専門家

損失でも確定申告は必要?仮想通貨の税金・計算方法を解説

仮想通貨配当の計算方法 48334

仮想通貨 で売買をした場合、どれくらいの 所得税 を納める必要があるのでしょう。 年12月に国税庁が発表した資料によると、仮想通貨で得た利益は、 所得税のなかでも「雑所得」 に分類されます。

仮想通貨・ビットコインは雑所得に分類

むしろ、仮想通貨取引を通じて、 所得税や確定申告に関する正しい知識を身に付けることで、投資のパフォーマンスを向上させる事もできる でしょうから、この機会にしっかり学習しましょう。 株であれ、FXであれ、仮想通貨であれ、取引で利益を得た場合、それに応じた税金を納める必要がある点に何ら変わりはありません。 但し、仮想通貨取引に係る税金は、他の商品とは取扱いがやや異なります。 一方、仮想通貨取引では、コインを円建てで売却した場合、受け取る円は、 税金相当額が控除される事なく、交換所の自分の口座に入金 されます。

仮想通貨配当の計算方法 8164

2020.01.27|【2020年最新版】仮想通貨(暗号資産)の確定申告のやり方と未納のリスクを税理士が解説!

仮想通貨による取引については、「別の仮想通貨と交換しただけなら、税金がかからない」「仮想通貨を買い物で使った場合には、税金がかからない」などの誤解をしている人も多いようです。 しかし、これらのケースでも仮想通貨による取引とみなされ税金はかかります。 仮想通貨を売却、決済、交換などして利益が出れば、税金を納める必要があります。 仮想通貨取引で出た利益は、「雑所得」となり所得税がかかります。 FXによる利益も同じ雑所得ですが、FXによる利益が分離課税(所得を他の種類の所得と合算せず、分離して課税すること)。であるのに対して仮想通貨による利益は総合課税(他の所得と合算して税金を計算する)となります。

仮想通貨の利益は確定申告で納税する

税金について教わる機会はほとんどありませんし、 知らないことが多いと不安 ですよね。 そこで今回は暗号資産 仮想通貨 ・ビットコインにかかる税金について、どんな条件でかかるのか、どれくらいかかるのか、という気になるポイントについて計算例を用いて解説しています!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。