専門家

ゲームの新たなエンターテイメントを 史上初「賞金付きゲーム競技リーグ」を送り出すワンダーリーグを直撃

賞金を手にしようゲームの流れ 54996

キーワード: 検索。

ゲームで遊んで賞金GET!

世界を飛び回り、ゲームの大会に出場して、驚くような額の賞金を稼ぐ……そんな「プロゲーマー」という職業に、注目が集まっています。日本でも「eスポーツ」(ゲームを使用して行う競技)という言葉が徐々に浸透し始め、eスポーツの市場規模も、年々大きくなっています。 今回は、eスポーツ関連の税金や、プロゲーマーの確定申告について、税理士の手塚誠先生にお話を伺いました。 手塚: 専門職にしておくのがいいと思いますね。そのほうが、もし税務調査が来ても、ゲーム関連の収入や経費の説明がしやすいと思います。たとえばサービス業などにしてしまうと、ゲームとそれぞれの支出との結びつきがイメージしづらく、税務調査官に経費の必要性をなかなか納得してもらえないかもしれません。 手塚: 企業に所属しているゲーマーは、給与からすでに源泉徴収をしているため、個人で確定申告をする必要はありません。ただし、年間の収入が2,万円を超えると、年末調整はされずに、確定申告の義務が生じます。

編集部おすすめの記事

トップ 関連職業 職業カテゴリー。 プロゲーマーとは、おもに海外で開かれるコンピューター型対戦ゲーム「eSports」の大会に出場し、優勝や上位入賞による賞金で生計を立てる人のことをいいます。 普段は1日に何時間もゲームの練習をして、大会で勝ち抜ける実力を身につけます。 このほか自分でゲームに関する動画配信をしたり、メディア出演をしたりすることもプロゲーマーの仕事の一部です。 プロゲーマーの多くは個人事業主として活動しますが、一定のレベルになるとプロチームに所属し、スポンサー契約を結んでいる人もいます。 日本では、まだあまり認知度が高くない職業ですが、年のアジア競技大会では「eSports」がメダル種目として実施される予定となっているなど、今後さらなる市場の発展が見込まれています。

最年少は中学3年生。出場するのは15~16才の少年

eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称です。エレクトロニック・スポーツとは、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称で、「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われています。(参照: ウィキペディア より)。 eスポーツでは、多額の賞金がかけられることがあります。「The International 」では、DOTA2(Defense of the Ancients Allstars)というタイトルのゲームで大会が行われました。(DOTA2とは、5対5のチーム戦で相手の陣地を取りに行くゲームです)。 この大会の賞金総額は約27億、優勝賞金は約12億となっています 。 他のeスポーツの大会もありますが、DOTA2がずば抜けて賞金が高額です。それはゲーム内で限定アイテムが手に入るプレミアムチケットを販売しており、その売り上げの一部が賞金に加算されるシステムになっているからです。 関西圏在住。 不動産と会計に携わる仕事をし、その後独立しました。 現在はFPの資格を活かしながらライターの仕事をしています。 少しでも分かりやすい記事の執筆を心がけています。 トップ 女性のマネー知識応援サイト。美人のマネ活 トレンド オンラインゲームで賞金稼ぎ!?話題の「e-sports」について解説! オンラインゲームで賞金稼ぎ!?話題の「e-sports」について解説! 税金 所得税 海外 疑問 歴史。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。