専門家

残高の「現金化」が得意なスマホ決済アプリはどれ? 手数料や使い方を比較

から出金する方法カード現金化 6207

ATMで使える カード・サービス・手数料。

Ad Exchange

スマホがお財布代わりに使える LINE Pay(ラインペイ) 。 基本的にこういったスマホ決済サービスは、一度チャージすると現金には戻せない場合が多いのですが、LINE Payは出金することが可能です。 急に現金が必要になってしまった場合に備えるという意味で、出金できるかどうかを知っておくことは大切ですよね。 特に「深夜でも出金できるのか」「土日でも出金できるのか」「手数料はどのくらいかかるのか」といった内容は気になるところです。 LINE Payはあらかじめ現金をチャージしておくことで、加盟店での買い物などに利用できます。 また、友人へ送金することもできるので割り勘などのやり取りがスムーズになり、かつ、LINE内に利用履歴が残るので安心です。 通常のスマホ決済アプリでは、チャージしたお金が出金はできない場合が多くなっています。 一度チャージしたらいずれかの加盟店で使い切らなければならず、あまり多額をチャージできないと躊躇してしまいます。 気になる手数料ですが、 1回の出金につき円 がかかります。 銀行ATMやコンビニで時間外出金するのと同じくらいの手数料になっています。 銀行口座から引き出す場合は、銀行の窓口営業時間である 平日~ の間しか引き出すことはできません。 土日に出金手続きをしようとしてもエラーメッセージが出るだけで、出金できないので注意が必要です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。