専門家

【速報】北海道がカジノ誘致を断念

賞北海道のカジノ 52297

午前7時)の発着枠拡大も先送りになりました。 藤田  これまで地元自治体や経済界は、新千歳空港の24時間運用を求めてきました。現行の1日6回の発着枠を拡大することで、住民との合意までもう少しのところでした。道庁も発着枠拡大に前向きでした。ところが、突然、13年度まで3年間凍結すると方針転換してしまいました。道は現在、HAC問題を抱えています。経営再建中のJALに配慮したのではという話まで聞こえてきます。 吉田  新千歳空港はプライベートジェットもなかなか着陸できません。数日前に予約をしなければいけないなどの制限がある。 手嶋  毎年7月に行なわれる競走馬のセレクトセールは、世界のサラブレッドのプライス・リーダー(価格先導者)にさえなっているのです。世界中から多くの競馬のオーナーや競馬ジャーナリストが詰めかけます。オーストラリアの炭鉱王、ネイサン・ティンクラー氏や、ドバイからシェイク・モハメド殿下の意を受けた関係者、さらには香港の富豪も訪れるようになっています。彼らは超多忙ですからプライベートジェットでやってくることが多いのですが、新千歳にはなかなか着陸できないのです。 世界屈指の大富豪を追いやってしまう結果になっている。何億という売り上げをみすみす逃し、馬産地に大きなダメージを与えています。 吉田  一番の問題は、低価格輸送が可能な以遠権(自国から相手国を経由して、その先にある別の国へ営業運航を行なう権利)を、日本のカーゴ(貨物)に認めていない。以遠権がないので、カーゴに荷物を積みながら台湾、上海、インドなどをグルグル回り、日本に来られないわけです。 そのため、日本の場合、どうしても世界各国と比べてカーゴの価格が高くなってしまっている。外国の馬主も日本の競走馬に興味を持っていますが、輸送費の関係で消極的にならざるを得ません。

‘北海道’に関する記事

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 JAPAN ヘルプ。 IDでもっと便利に 新規取得 ログイン。

北海道 カジノ 平和

北海道・北広島でカジノ構想 パチンコ機器大手、2千億円投資 北海道新聞-12月14日 木 パチンコ機器メーカー大手の平和(東京)は13日、北広島市に対し、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)構想を提示した。同社の子会社が パチンコ機器メーカー大手の株式会社平和(本社:東京都、代表取締役社長:嶺井勝也)が、北広島市に対し、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)構想を提示したことが、年12月14日付けの北海道新聞で報じられました。 続いて平和さんの話題です。 「北海道北広島市における統合型リゾート IR 開発の提案について」が掲載されました。 いよいよ日本でもカジノ(IR)の動きが活発になってきましたね。 以下からご確認くださいませ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。