拡張

カジノディーラーの仕事内容を教えて!養成スクールに行くのが得策?

カジノ法女性ディーラー 25630

ゲストを楽しませ、とびっきりの時間を演出 カジノに遊びに来るゲスト(プレーヤー)は実に様々。あまりゲームを知らない人やゲームを楽しみたい人、勝負にこだわる人など、いろいろなプレーヤーが来場します。これらの人々のレベルに合わせて「楽しい時間を演出」して、気持ちよくカジノを楽しんでいただける配慮をするのもディーラーの仕事。 ウィットに富んだ会話、スムーズなゲーム進行、そして飲み物の注文にも気を配りながら、ゲームのスリルも楽しんでいただく。すべてディーラーのウデ次第です。「今日は楽しかった、また明日来ますね」とゲストに言われた時が、ディーラーとしての最高の喜びです。 洗練されたおもてなしを提供し、カジノの中心的な役割を果たす究極のサービス業、それがカジノディーラーです。

年収は1000万円クラスも

女性たちがカジノディーラーに興味をもつ要因はいろいろありますが、 そのひとつは、華やかさ ではないでしょうか。カジノに行ったことがある方ならわかると思いますが、カジノに一歩踏み入れるとそこは別世界。非日常的な空間に身を置き、ゲストと楽しいトークをしながら、ゲームをコントールできるカジノディーラーは、女性をひきつける魅力をもっています。 また、 待遇面で性差がないことも女性に人気がある要因のひとつです 。カジノディーラーは、年齢、性別関係なく、だれでも知識やスキル、実力があれば、より高いレベルに上がっていくことができます。男性・女性関係なく、努力が報われる職業であることも人気の要因といえます。 実は、カジノは不正を見張るため、監視カメラなどが多く設置されています。大きなお金が動く場所だからこそ、 セキュリティ面がしっかりしていて、その点では心配いりません 。 また、海外では、ディーラーという職業は警察官などのように 自身や身内の身辺調査が行われるような信用第一の職業 でもあります。つまり、仕事仲間も信用がおける人ばかりということ。女性でも安心して働ける職場といえるでしょう。

「カジノディーラー」の記事一覧

カジノディーラー は、じつは女性もたくさん活躍している職業であり、海外では女性のディーラーのほうが多いといわれています。 HOME カジノディーラー なるには 女性のカジノディーラー。 トップ 記事一覧 関連職業 職業カテゴリー。 女性も多い職業 カジノディーラー は、じつは女性もたくさん活躍している職業であり、海外では女性のディーラーのほうが多いといわれています。 体力勝負の仕事ではありませんし、カジノの場では「非日常感」や「華やかさ」が求められるため、女性を積極的に採用したいと考えるカジノもあるようです。 日本のカジノディーラー養成スクールでも、生徒の約半数は女性とのことです。 カジノディーラーは技術さえあれば男女問わず働ける職業だといえるでしょう。 カジノディーラーの仕事内容 おすすめ カジノディーラーの1日 カジノディーラーのやりがい、魅力 カジノディーラーのつらいこと、大変なこと、苦労 カジノディーラーの現状と将来性 カジノディーラーのテクニック。

IR法成立で高まる「カジノディーラー」需要、その年収はいかほど? 養成学校に聞いてみた

カジノディーラーの年収の平均は、 万円 でした。(海外サイト・海外口コミ調べ) 最大年収:約万円 平均年収範囲は 万円~万円 となっています。 お給料(月収):約46万円 最大年収:万円以上 日本ではまだカジノ自体が違法なため正規のカジノディーラーは存在しません。そのため海外の情報から集めました。 カジノディーラーの給与体系はほとんどのカジノが時給と、カジノで遊ぶお客様から貰うチップが給料になっています。 時給もその国やアメリカだとその州が定めた最低賃金のところがほとんどのようです。 例えば有名なカジノがあるラスベガスがあるネバダ州の最低賃金は時給約円なので、仮にカジノディーラーとしてラスベガスで1日に8時間働いても円です。 フルタイムで月に20日働いたとして月給14万万円で、これにお客様から貰うチップが加算されます。 そのためカジノディーラーの年収は働くカジノの規模によってお客様から貰うチップの金額が大きく異なり、それと景気やシーズンによっても違ってきます。 カジノディーラーの職種別年収を予測してみると、 マカオのカジノディーラー:万円~万円以上 ラスベガスのカジノディーラー:万円~万円以上 世界的にも有名なカジノと言えばマカオとラスベガスがよく知られていますが、カジノディーラーの給与体系はどちらもほとんど同じで時給とカジノで遊ぶお客様から貰うチップが主な収入です。 アメリカのネバダ州にあるラスベガスの1年間の売上高は66億ドル 約億円 で、一方のカジノは1年間の売上高はラスベガスを上回っています。 さらにマカオ政府の統計によるとマカオのカジノで働く人の数は、マカオの労働人口の11%に相当する約3万人が働いています。 マカオのカジノで働くカジノディーラーの平均年収は公務員の2倍以上と言われていて、日本のサラリーマンの平均年収とあまり変わらないようです。 マカオもラスベガスも客様から貰うチップはテーブルに設置されているボックスに入れることが義務付けられていて、チップを回収するスタッフが監視カメラがある部屋に運び警備員が立ち会うなかでチップが数えられるようです。 そして給料日にチップも平等に分けられ支給されるのでカジノディーラーの年収も、大きなカジノであればあるほど多くなるのが普通です。 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ 最大年収を迎える50代の年収が。 カジノディーラーの年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 万円~ (推定) 40代で 万円~ (推定) 50代で 万円~ (推定) 30代~50代までの年収増加は約 万円以上 となっています。

カジノディーラーになるために知っておきたいこと 学校、資格、海外留学など

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。