拡張

【マカオカジノ情報】ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ・16

賭け麻雀ソフィテルマカオカジノ 60522

Tropez Bar』というバーもあり、軽食やドリンクを注文することができます。 (『St。

2.カジノが楽しめるおすすめホテルは?

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。 ウィン・マカオでは、広東料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、中国北方料理など沢山のグルメが楽しめます。中でもスワロフスキーで作られたクリスタルドラゴンが飾られている、「Wing Lei(ウィン・レイ)」という広東料理のレストランはとても有名となっています。他にも、誰でも気軽に楽しめるバーや馴染のあるスターバックスなども入店しています。 世界最大級のホテル・チェーンで有名なアコーホテルズの最上級ブランド、5つ星カジノリゾートホテル「Sofitel Macau at Ponte 16(ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ・16)」。 HARD ROCK HOTEL:DOUBLE QUEEN ROOM(ダブル・クイーン・ルーム)。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

元々、ポルトガル領だった 「マカオ(澳門)」 。「東洋のラスベガス」ともいわれ、植民地時代の影響もあり、西洋の異国情緒が漂います。 年の中国返還後は、専ら内地の中国人富豪の消費センターとなっています。 実際に行ってみるとわかりますが、凄まじい量の札束をもった中国人の富豪が豪快に遊んでいます。 そういった意味でも、非日常が味わえる場所となっていますので、一度経験してみるのも良いかと思います。 マカオの評判や雰囲気からカジノ上級者が集まりやすい場所として知られていますが、そんなことはありません。 カジノ初心者でも楽しめることができる ため、思っているほど敷居が高い場所ではありません。 そんなマカオでの注意すべき点はいくつかあります。まずマカオのカジノは 基本的に年中無休 のカジノが多いです。そのため、 24時間日 いつでも利用することができます。なので、夜通し遊ぶことも可能です。 また、基本的にマカオのカジノは 入場料無料となっているカジノが多い です。 併設ホテルに泊まらないでも利用できる ため、夜になるとカジノ行きのバス停には長蛇の列ができていることも多いです。 基本的にカジノが混むのは土日の週末となります。この時はカジノは多く稼ぐ必要があるので、 最低掛金が設けられます。 そのため、週末になると普段の予算よりも多い金額を持っていかなければいけません。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。 基本は顔チェックのみですが、稀にパスポートの提示を求められる場合があります。 私も22歳でパスポートチェックを受け、ホテルに置いて行っていたため入場出来なかったことがあります・・・ 保護者が同伴していたとしても、子供の入場は認められませんのでご注意を! また、カジノといえば「タバコをスパスパ吸いながらコインを積む」というイメージがありますが、年の法改正によってカジノ内は禁煙となりました。 喫煙したい人は、カジノ内に設置されている喫煙所で吸ってください。 カジノに来る人には、諸事情により知り合いにバレてほしくない人がいることなどを配慮して、内部の撮影はできません。 ただし下の写真のように、外観を撮影する分には問題ありませんので、SNSにあげたい場合は外部を撮影しましょう。 前述したように、日本ではカジノはギャンブルのイメージが強いものですが、マカオのように海外ではひとつの娯楽として楽しまれているものです。 ただ、どのゲームでも同じですが、熱くなりすぎるのは禁物です!! 「遊ぶからには勝ちたい!」と思うのも当然ですが、せっかく海外に行って遊ぶわけですからまずは楽しく遊ぶことが重要! 「負けて元々、勝てば嬉しい」という気持ちで勝負に臨みましょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。