拡張

長期戦で確実に利益を増やす手堅いバーネット法(1326法)

最小限にしながら勝ライブカジノ 16277

の賭け金を順番に賭ける 【ゲームに勝った場合】上記の賭けを順番に行う、を使用した後は「6」の賭け金で勝負 【ゲームに負けた場合】必勝法のリセット、1の賭けからリスタート。

バーネット法(1326法)を50ゲーム行った検証結果

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。

今日の「引き際」と自分ルール

こんにちわ!Casimo編集部の笠原です。 今回はみなさんが 気づいていないうちに使ってしまっている必敗法 についてご紹介していきます! 存在するのは「必ず負ける方法」いわゆる「必敗法」です。 「勝つ」ということを別の言い方にすると「負けない」ということなので、この 「必敗法」を知り、それを避けることで最終的には「勝つ」ということ になります。 まず大前提に覚えてもらいたいことは「 カジノは負けるように作られている 」ということです。 カジノはボランティアで経営している訳ではありません。従業員の給料を払って、その上利益を出すことを目的にしているので、 運営側が儲かるように作られています。 ただ、プレイヤー全員が損をするように作ってしまったらカジノにお客さんがいなくなり、運営側は儲かりません。 必勝法:止め時(どれだけ勝ったら止めるか)をあらかじめ決めておく! 勝ち逃げする! 必勝法:止め時(どれだけ負けたら止めるか)をあらかじめ決めておく! 流れがないときには何もしない!

関連記事(一部広告)

特定取引情報 ルーレット1点張りの極意 一 極 法。 今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。 インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。 それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。 それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。 右図がフラワーベットで、23を中心にして花のようにベッドする。 中心の23に当れば144倍の高配当。 23以外の19~27に当っても必ず利益となる。 表を見て分かることは200回以上のハマリは少ないが、100回以上はかなり頻繁に出現する。 さすがに300回以上は1回のみで、どうやら 最大のハマリは300回転台と思われる。 100回以上のハマリが連続して出現することがあり、また、連続の後に1~2回の間をおいてまた100回以上のハマリとなるなど、通常のベッティングシステムでこれを攻略するのはかなり難しい。 特に1回の当りで、それまでの損出をカバーする方法では危険が大きく、いつか必ず破綻する。 このルーレット一極法は上記のようなハマリを回避し、必ず訪れる当りの集中帯にて資金を増加させる方法である。 ルーレットで勝つコツはハマリを見極め、連続して当る番号を見つけることが最重要と言える。 パチンコではハマリ台を打つのは厳禁である。 1000回以上も当っていないと、もうそろそろ来るのではと打っても、ほとんど損となる。 たとえ当ったとしても、単発で終り飲み込まれてしまう。 表では12番がそれに相当する。 100回以上のハマリが4回、200回以上が3回も出ている。 このような番号をもう来るだろうと意地を張って粘ると、最悪の結果になる。 「当たり台を追え」 はパチンコだけではなく、ルーレットでも同じである。 確率的に考えると大ハマリを追うのが論理的に思えるが、ギャンブルではそれが傷口を深めることになる。 連続当りの集中地帯 ル-レットを長く続けていると、途中で頻繁に同じ番号が続けて出ることがある。 下図では0が続けて出ている。3回連続も意外と多い。 ルーレット一極法ではこのような連続局面で威力を発揮する。 左は20が連続5回出ている、珍しい例。 非常に珍しいが、ギャンブルに絶対という言葉はない。 あり得ない様な現象が生じるのがカジノである。

「バーネット(1-3-2-6)法」をちょっと解説

この 4つを臨機応変に使い分けると効果的 というものです。 そのうち、今回紹介するのは、 手堅く攻める戦略として有効とされる 『法』 です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。