拡張

「横浜カジノ」セガサミー社長が覚悟する茨道

ボナンザセガサミー日本カジノ 37611

セガサミーはまだ日本IRのビジョンに関する本当の詳細を明かしていないものの、第2四半期の決算発表で、投資家に対して、3月の年度末までに「日本国内におけるIR参入に向けた取り組みが活発化することを想定しており、 先行費用の増加を見込んでおります」というメッセージを送った。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。 そんな分野でトップクラスのシェアをほこる セガサミーホールディングス セガサミー はすでに韓国でIRの運用を行っており、日本国内でもIR運営企業(IRオペレーター)として名乗りを上げる準備をしているようです。セガサミーに関する情報をご紹介いたします。 引用元: 仁川国際空港近くに誕生した統合型リゾート施設「パラダイスシティ」 | 韓国観光公社。 今、日本のパチンコ、パチスロメーカーは次々「 カジノ用筐体 」を開発、発表しています。これまでホールで活躍していた機種をコンセプトにしているものも多く、カジノ解禁からプレイヤーの流入が見込めるような魅力あふれる筐体をリリースすることに躍起になっていますが、その点では国外でいち早く実践しているセガサミーが一歩抜け出している形です。

娘の結婚式の主賓は安倍首相

里見  昨年9月にはクラブやスパ、ショッピングゾーンなどの機能を拡充させ、今年の3月にワンダーボックスという室内型のエンターテインメント施設がオープンし、パラダイスシティの第1期開発が完了、本当の意味での統合型リゾートに仕上がりました。私自身、開発段階から現在に至るまでに何度もパラダイスシティに足を運んできましたが、企画時点で想像していた以上にクオリティの高い施設に仕上がったと感じています。 里見  日本で統合型リゾート施設の導入が本格的な議論になって以来、長らく当グループにおいてはリゾート事業への参入を構想してきましたので、今の状況については必然的な流れと言えます。 里見  アジアはIRビジネスにとってまだまだ魅力的なマーケットです。成長が鈍化しているという見方もありますが、一方ではマカオでも施設がまだ増えており、シンガポールにある2つのIRも増床を計画するなど、大手IRオペレーターの投資意欲は旺盛です。

オンラインカジノやIR法、テーブルゲームのルールや種類など、カジノに関するなんでもまとめです。 5chまとめだけでなく、オリジナル記事なども投稿しています!

カジノ解禁はすぐそこまで迫っています。最短で5年後にも国内で本格的なカジノがオープンする。そんななかで、セガサミーが運営会社として一歩リードしていることは明らかです」 (全国紙経済部記者)。 ちなみに安倍首相は'14年までカジノ議連の最高顧問を務めていました。披露宴では他に菅義偉官房長官、甘利明経済再生担当相(当時)といった安倍首相の側近も顔を揃えていましたね」 (自民党関係者)。 日本におけるカジノビジネスは3兆円市場と試算されています。その利権にもっとも近い存在であるセガサミーに対して、反対勢力の妨害、あるいはその利権に取り入ろうとする勢力が水面下で暗闘し、それが銃撃事件に結びついたのではないかと見られているんです」 (カジノに詳しい業界関係者)。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。