拡張

ヨーロッパの美しいカジノ ~ イタリア、モナコ、ギリシャ、ドイツ ~

モバイルゲームドイツのカジノ情報 29393

Our games are for entertainment only。

100年カジノ – その歴史と理念・文化、そして戦略 – カジノ・オーストリア(2)

日本から直行便の飛行機で12時間でアクセスできるフランクフルトをはじめ、アジアやヨーロッパなど様々なルートの乗り継ぎや鉄道でもアクセスできるドイツは観光地としても人気です。今回はドイツでカジノを楽しみたい方にわかりやすい遊び方のマナーや人気のカジノホテルをまとめました。 国や地域によって、ルールが異なるカジノですが、ドイツではジャケット着用、サンダルNGなどといった服装規定を設けているところが多くあります。ディーラーや従業員へのチップも必要となりますので、事前に行きたいカジノの情報をチェックしておくことをおすすめします。 ドイツ エンターテインメント・遊ぶ ドイツ カジノ。 一階のバーが深夜までやっており、上の階まで音が抜けて少しうるさかった。 クーダムに面した入り口に車を止めるのは至難。きれいで落ち着いたホテル。シックなインテリア、立地も便利。朝食もゆったりした会場でおいしくいただけた。一階に高級なおしゃれバーがある。 最初に宿泊日数分の支払いを求められました。なぜかと問い合わせると、ほかのホテルに宿泊されると困るので- 、最初に宿泊料金を徴収するとの回答。予約するときには、そのようなことは何も情報がありませんでした。Uバーン駅に近く、繁華街のレーパーバーンにも徒歩で行けます。とても便利です。 バスタブがなかった。ないとクレームを付けたが、季節で切替えている。説明では、orであるとの一点張りで- あった。(Booking。 ベートブルクにある13世紀のマナーハウスを利用した静かな環境にある4つ星のカジノホテルです。スタイリッシュなインテリアで明るい客室にはモダンなバスルームと無料WiFiが完備されており快適に過ごすことができます。ディーク城、ユーリヒ総合研究機構 、ユーリッヒ城塞 など観光スポットも15km圏内にあり便利なロケーションです。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

ゲーミング(カジノ)収益 1。 米国市場全体で4兆円ものゲーミング収益がありますが、新市場(下記、New Markets:フロリダ、カンザス、メイン、メリーランド、オハイオ、オクラホマ、ペンシルベニア)を除いた既存市場(下記、Legacy Markets)だけを見ると収益の伸びは鈍化しています。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) 3。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) 4。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) なお、ネバダ州のテーブルゲームについて、ゲーム種別構成に変化が見られています。ブラックジャックのシェアが減少し、代わりにその他(下記、Others)としてポーカー等のゲームが増加傾向にあります。 出所:UNLV Center for Gaming Researchの公表情報等よりデロイトトーマツ作成(画像クリックで拡大します) また、スロットゲームのトレンドとして、年から年にかけて、プレイヤーのテクニック次第で勝利機会が増えるスキルベースのスロットマシンの新規導入が見られます。

オーストリアのカジノと海外における事業(2)

オーストリアAGは、グループ会社として海外におけるカジノ事業展開を担うカジノ・オーストリア・インターナショナル(CAI)を含む合計5社を傘下に収めている。他の4社とその事業内容は次の通り。 ・オーストリアン・ロタリー ロトくじの運営 ・TIPP3 サッカーやアイスホッケー、F1、アルペンスキーの勝敗などを当てるスポーツベッティングの運営 ・WIN2DAY・AT パソコンやモバイル端末によるオンラインカジノゲームの運営 ・WINWIN スロットマシンと同様のゲームがプレイできるビデオ端末を設置した店舗(バーや飲食店を含む)の運営。 大規模な海外展開を推進 カジノ・オーストリアが国内だけでなくさらに海外にも展開していくことになるきっかけは、1976年にオランダ政府からの要請を受けてカジノ産業の立ち上げに協力したことだった。 その翌年の1977年、国際的な事業活動に本格的に着手するために100%子会社のカジノ・オーストリア・インターナショナル(CAI)を設立した。 現在、ヨーロッパで最大規模のカジノ事業開発および運営企業である。カジノ・オーストリア・グループ全体で約5300名の常勤スタッフがいるが、そのうち約3000名がCAIに所属し世界各地のカジノの運営を支えている。 ヨーロッパ9カ国(ベルギー、チェコ、デンマーク、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、セルビア、スイス、英国)のほか、アフリカ(エジプト)、北米(カナダ)、オセアニア(オーストラリア)、中東(パレスチナ自治区)まで、CAIのネットワークは世界14カ国35カ所に広がっている。 その中には6隻の豪華クルーズ船に設けられたカジノも含まれる。施設の規模は大小さまざまで、地域の特徴に配慮しつつ対応し、世界各国でカジノ事業を成功させてきた実績を持つ。 現在、カジノ・オーストリア・グループのカジノによる国内と国外の売上比率は、ほぼ1対1となっている。毎年1月にロンドンで開催され、「ゲーム産業のオスカー賞」と呼ばれる国際ゲーミング賞で、CAIは2011年と2012年に連続して「ヨーロッパにおける最高賞」を獲得した。 このゲーミング賞は2008年に創設されたもので、CAIは2008年と2009年にもやはり2年連続で最高賞を、2010年には「社会貢献賞」を受賞している。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 Tags: カジノジャパン。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。