拡張

日本にカジノが出来ない理由とは何でしょう?

内が安心安全な件競輪カジノ 9512

A 回答を続ける。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

しかし、最近、本当に「奇妙な政策」が多いですよね。 一昔前だったらとても通らなかった変な法案がどんどん決まります。 「外国人家政婦」「民泊」、そして近い将来、 「水道事業の民営化」も開始されるようです。 そして今回のカジノです。 時代劇とか落語とかでよく描かれることですが、 才覚がなく、食っていけなくなったおバカな 三代目のボンボンが、元々は裕福だった生家の財産を 切り売りすることによってどうにかこうにか糊口をしのいでいく。 しかし、新自由主義の「小さな政府」路線に固執する 年代後半以降の日本は、こうした真っ当な政策を 採用しません。逆に、先人が培ってきた国民生活の基盤 (国民の共有資産)を切り売りすることによって、 目先の需要を喚起し、経済をその場しのぎで 回していくという手法をとっています。 外国人の入国審査の緩和(ビザの緩和)を通じて 観光客を呼び込み「爆買い」を煽るという手法や、 「民泊」で不動産需要を喚起するという手法も、 含まれるでしょう。「安全」「落ち着いた街並み」 という国民の共有資産を切り崩しつつ、稼ごうとするものですから。 例えば、下記の記事のように、 米国のカジノ運営業者の大手が、カジノ法案が 通った暁には、日本に1兆円を超える大型投資を すると明言しています。日本の大都市でなら ガッポリ稼げそうだというわけです。 また、こういう外資系カジノ業者の背後に控える 米国の財界団体「在日米国商工会議所」 ACCJ)は、 以前から、日本政府に対する「意見書」を何度も出し、 カジノで稼がせろと要求してきています。

●カジノとハイローラーの取材

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回はみなさんが気になっている「 オンラインカジノとは? 」についてご紹介していきます。 近年インターネットが発達して、スマホさえあれば何でも調べられる時代になってきました。その中で オンラインカジノも進化し続けていて、日本でもプレイする人が増えてきています。 海外に目を向けると オンラインカジノが流行っているヨーロッパでは万人ものプレイヤー がいるのだとか。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。