ゲーム

音ゲーマニアがカジノで荒稼ぎ!? ギャンブル化が進む世界のEスポーツ事情

ギャンブeスポーツ 39255

eスポーツ・ギャンブルは現在大ブームです。 この比較的新しい形式のギャンブルは、最近に導入されましたが、ここ2~3年の間に非常に人気が高くなりました。 爆発的に成長しつつある 世界eスポーツ・ギャンブル市場の規模は、年までに約億ドルとなると 推定されています。

eスポーツで注目されているゲームジャンル

ファーストパーソン・シューティング(FPS) 2。 リアルタイム・ストラテジー(RTS) 3。 リーグオブレジェンド(League of Legends) 2。

ギャンブeスポーツ 66822

Group site links

多くのユーザは LGD Gaming を応援しているようだった。LGD Gaming が最初のゲームを落とした後で「bwesit-yawa」という名前のユーザは「LGD は第1ゲームを捨てただけだから、本気になったLGDを舐めんな」とコメントした。「Gmode」というハンドルネームのユーザは最終ゲームの前に「LGD 頼むからもっと積極的にゴーゴーゴー」と言っていた。 負けた者は非常に不機嫌だった。「NEVER GIVE UP」というハンドルネームのユーザは、どちらのチームがゲーム中で最初の5キルをするかという賭けに触れて「負けちまえバカ FPX クソがもう最初の5キルで負けたんだから試合も負ければいいバカ死ね」と書き込んだ。 同報告によると、この産業は中国で年までに50万人という莫大なeスポーツのプロの需要を作り出すとされている。TechNode(動点科技)が最近 PricewaterhouseCoopers から受け取った報告では、年の e スポーツ業界は2億1,万米ドル以上の収益を荒稼ぎすると見られている。 お金を賭ける賭博は、国営の宝くじを除いて中国大陸では違法だ。しかしこういった活動全般が禁止されていても、中国ではいくつかの e スポーツ賭博プラットフォームがまだ運営されており、簡単にアクセスすることができる。 ブックメーカーは通常、e スポーツのニュースやライブストリーミングのサイトを名乗っている。「勝者当てコンテスト」や「予想大会」とされるサービスを行っているこれらのウェブサイトは、中国文化部の認可を受けている。しかしながら法律の専門家は、これらのコンテストの一部は合法的な範囲に収まるが、明らかに違法なものもあると考えている。 中国で最もよく知られている予想大会ウェブサイトの1つは、ライブストリーミングプラットフォームの Huomao(火猫)である。大手ライブストリーミングプラットフォームと違い、年にローンチした Huomao が提供するコンテンツのカテゴリー数は非常に限られたものであり、「Dota 2」「CS:GO」「League of Legends」といった競技ゲームに重点的に注力している。同ウェブサイトの16カテゴリーの中で、6つだけが個別のゲーム用のものであり、そのうち4つはeスポーツだ。それと比較すると、ニューヨークで上場しているライブストリーミングプラットフォームHuyaには、6月18日時点でのカテゴリーがある。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。