ゲーム

マーチンゲール法についてこれだけは押さえておきたいポイント

プレイヤーマーチンゲール実践 36104

マーチンゲール法 とは、ギャンブルで使える攻略法のひとつ で、負けたら勝つまで賭け金を2倍に増やしてゆく方法です。 マーチンゲール法を実践すると、負けが続いてもたった1度勝利するだけでこれまでの負けを取り戻し残高を増やすことができます。 とても簡単で分かりやすいベット方法で、カジノ初心者の方でも簡単に実践できる攻略法のため、利用者が多い攻略法です。 マーチンゲール法が有効なオンラインカジノゲームは主にテーブルゲームで、「ルーレット」、「バカラ」、「ブラックジャック」、「シックボー」など、勝率50%で勝てるゲームで有効です。 なお、獲得額が変動するスロットやビデオポーカーなどでは、この必勝法を使うのは難しいでしょう。 こちらのページでは、マーチンゲール法の使い方や具体的な賭け方についてご紹介します。

実践!驚異のカジノ必勝法マーチンゲール法で250$負けwww

マーチンゲール法の基本的な考え方は、連敗中はとにかく賭け金を 倍にして 増やしながらゲームを進めていくことにあります。この作業を勝つまで続けていきます。 マーチンゲール法は、負け続けた時に賭け金がどんどん増え続けます。しかも、初回賭け金が大きければ大きいほど増え方も急速に膨らみます。 プレイヤーの資金に応じて、ここまで負け続けたら最初の投資額に戻すというような「ターニングポイント」を設定しておくのもいいでしょう。

バカラ初心者の奮闘: 失敗ぶりを赤裸々に綴ります: ;^ ^

マーチンゲール法は、 勝負をして負けたら、次にベッド額を2倍にしてまた勝負する という賭け方のことです。 このページでは、マーチンゲール法について 「やり方・手順」 「どのゲームに向いているのか?」「気になる勝率」「公的ギャンブルにも使用できるのか?」「リスク(危険性)」 など詳しく解説します。 マーチンゲール法のやり方のポイントは、 <負けたら賭け金2倍>この点を押さえておけばOKです! 負けた後にのみ、次のゲームへのベット額を倍にすれば良いだけ。 マーチンゲール法は勝たないと取り戻せないので、 勝たずして上限額に到達したら損をします 。 リミット額はゲームやテーブルごとに違います。多いところでは、 5,ドルまで賭けられるところがありますが、少なければドルが上限なことも。 マーチンゲール方を使うときには、上限額がいくらなのかを事前にチェックすることが重要です。 最初が1ドルでも、負け続けてしまうと 「1、2、4、8、16、32、64、……」と、最後には非常に大きな金額になります。 仮に10連敗した場合、1,ドル。 日本円で10万円近くのベットが必要になることも!

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法は理論的には必勝法ですが、現実には 2つの制限 があるため必勝法ではありません。 また重要な点は上図では カジノの控除率 を考慮せず、勝率を50%として計算しています。通常カジノゲームは配当を 2倍)にしていても、勝率は50%を少し下回ります。これが控除率と呼ばれるもので、カジノの確率的な取り分を意味します。 しかしマーチンゲール法は最初の賭け金をなるべく小さくして行うため(そもそも10回倍々で賭けようとすると一回の賭け金をミニマムにしないとベット制限に引っかかるケースがほとんど)、 1 回勝って満足という人は少ない と思います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。