ゲーム

カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除 ~日本のIRビジネス参入における法制度上の留意点(7)~

ネットカジノリゾート参入方針 47090

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

日本の統合型リゾート(Integrated Resort、以下「IR」という。)の議論においては、カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響〔依存症、マネー・ローンダリング(Anti-Money Laundering:以下、「AML」という。)等〕への対応につき、世界最高水準のカジノ規制を導入することで、万全を期すことがIR推進本部会合にて安倍内閣総理大臣によって発表されました。 カジノ事業者は、カジノ行為に対する依存を防止するため、カジノ管理委員会規則で定めるところにより、依存防止規程に従って、以下に掲げる、カジノ施設を利用させることが不適切であると認められる者のカジノ施設の利用を制限する措置を講じる必要がある。 1。

カジノオーストリアインターナショナル

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。 米ラスベガスに本社を置く MGMリゾーツ・インターナショナル は、ベラージオ、MGMコタイ、マンダレイ・ベイなど、世界に27以上のカジノホテルをもつカジノリゾート運営会社。

IR企業動向:セガサミーHD 国内IR方針「コンソーシアムにオペレーターとして参入したい」

地域企業の役割は、「地域社会の信頼・合意形成力」「地域社会の調整」「地域に最適なコンセプトの決定」。 開発企業の役割は、「日本における不動産開発の経験ノウハウ」。 海外オペレーターの役割は、「海外におけるカジノIRの経験ノウハウ」。 日本企業、地域企業がIR経営主体の中核となる必然性 1-1)IRは大きな権益事業。政府は、少数限定のIRのみ許可する方向。IR経営主体は、一定の商圏を寡占し、大きな利益が確実視される。公共政策性に加え、国内への利益還流、産業育成の視点が重要 1-2)事実、日本と同様に、政府がIR施設を少数に制限するアジア・パシフィック主要国では、自国企業がほとんどのIRを開発運営する。都市国家であるシンガポールはほぼ唯一の例外 1-3)IRは、観光及び地域経済の振興を政策目的とする、街づくり事業である。街に精通した日本企業、地域企業が事業化をリードすべき 1-4)IR経営主体には、地域社会からの信頼が求められる。地域社会の信頼を積み上げてきた、日本企業、地域企業こそIR事業化をリードすべき 1-5)海外IR企業は、日本における事業経験、不動産開発経験、地域社会の信頼を持たない。 com 日本における依存症対策研究に着手 日本IR参画活動を本格化 IR企業動向:PR合戦@大阪 メルコ=万博パートナー、MGM=道頓堀フェス協賛~外資間競争 IR企業動向:Crown Resorts James Packer氏 「日本IR獲得は現実的ではない。豪に集中」 IR企業動向:Genting Singapore東京支店 円債億円発行 日本活動費 ~ 海外業者の競争熾烈 IR企業動向:海外事業者3社 PR合戦@大阪イベント 大都市唯一の誘致区に殺到 その背景 IR企業動向:サンズ社など海外事業者 PR合戦@大阪 大都市唯一の誘致区に殺到 その背景 IR企業動向:Las Vegas Sands 「日本のエンターテイメントの可能性」~IR実現&自社PR IR企業動向:Genting Singapore 東京オフィス開設。IR参画狙う ~ 海外事業者間の競争熾烈 IR企業動向:MGMリゾーツ CEO「コンソーシアムは日本企業主導」~カジノIRジャパン見解 IR企業動向:ラスベガス・サンズCEO 大阪府市で政府方針を批判~カジノIRジャパン見解 IR企業動向:サンシティー・グループ(マカオ)「日本IRへの参画狙う。事業主体に割出資」 IR企業動向:。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。