ムートン

カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度と可能性

を含む統合型リゾートメキシコカジノ 55942

カジノを含む統合型リゾート(IR)が、ポスト・オリンピックの観光振興施策の目玉として日本をにぎわせている。IRの出現は、長く緩やかに成長してきた日本の観光産業が経験したことのない非連続的な変化を巻き起こす。これを活かして飛躍できるのか、それとも傍観して乗り遅れるのか。IRにより想定される観光産業の量的・質的な変化を探る。まずは、日本の誘致最前線や海外の成功事例を専門家のアドバイスのもとにまとめた。 IRの出現は百年に一度の非連続的変化 半世紀以上にわたる日本の観光産業を振り返ると、年に日本人の海外渡航が自由化されて以降、徐々に日本人のアウトバウンドが拡大し、年には日本人海外旅行者数万人を突破。そして、年からは「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始され、インバウンドの拡大が図られている。

統合型リゾート(IR)を知るシリーズ 連載第1回

横浜市、大阪府・市、長崎県をはじめ、複数の自治体が具体的に招致を表明しているIR(統合型リゾート)。日本にIRができると、どんなことが起きるのか。IR=カジノととらえられがちだが、実際に最も影響が大きいと考えられるのが観光産業だ。シリーズ第2回では、観光を量的に大きく変えるインパクトを、具体的にひもといていく。 品川プリンス級の巨大ホテル誕生 まず、宿泊施設はどうか。 次に、MICE施設を取り上げてみよう。IR整備法の政令では、巨大なMICE施設を備えることが定められている。具体的には下記の3タイプ。どれも、これまでの日本にはなかった施設である。 12万平方メートル以上の展示場 人収容可能な国際会議場 これらの中間規模の展示場と国際会議場を併せ持つ 国内最大の展示場である東京ビックサイトの展示面積は9万平方メートル。拡張工事が完了しても11万平方メートルだ。さらに、国内最大の会議ホールである東京国際フォーラムのホールAは席である。つまり、IRによって東京ビックサイトや東京国際フォーラムを超える規模のMICE施設ができることになる。 DMO・観光局 MICE・IR クルーズ デジタル・テクノロジー 宿泊施設 旅行会社 行政・自治体・観光関連団体 国内旅行 海外旅行 航空 訪日インバウンド 調査・統計・マーケティング。

IRの出現は百年に一度の非連続的変化

一般社団法人 不動産証券化協会の機関誌『ARES不動産証券化ジャーナル』による座談会「カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度と可能性」に、有限責任監査法人トーマツ パートナー、デロイト トーマツ グループ IR(Integrated Resort)ビジネスグループ リーダーである仁木一彦が参加。IRビジネス参入における留意点について語りました。 カジノを含む統合型リゾート(IR)については、先ごろ特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)に係る政令が閣議決定され、中核施設の具体的な要件が明らかになりました。IR 導入に成功したシンガポールがまぶしく輝き、日本でも年東京五輪・パラリンピック後の観光の起爆剤として期待が寄せられる一方で、課題や不安なども多くあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。