ムートン

音ゲーマニアがカジノで荒稼ぎ!? ギャンブル化が進む世界のEスポーツ事情

ゲーム大会世界一カジノ 24562

カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。 入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。

第1回「プロのポーカー選手の生活。世界のカジノを転戦」

木原直哉氏は、世界で活躍するプロのポーカー選手。年の第42回世界ポーカー選手権大会 World Series of Poker の「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」(6月日)で、日本人として初めて世界選手権での優勝を果たした。 ちなみに、その優勝賞金は51万2,ドル(約6,万円)であった。 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」 ポーカーは世界で普及。キャッシュゲームは、近場では韓国、規模ではマカオ、ロス、ラスベガス ポーカーは、アマチュアが趣味としてやる分には、すごくいいゲームです。世界で最も普及しているスキルゲームの一つです。 海外のキャッシュゲームでは、一番の近場は韓国です。大会期間中でなくても、規模が大きなゲームが常に動いているのは、大きい順にマカオ、ロス、ラスベガスです。 欧州にも各地にそこそこの規模のポーカールームがありますが、大会期間中以外はそこまでアクションが大きくありません。

第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」

私が ポーカー に初めて出会ったのは、年に 「カジノロワイヤル」 を渋谷の映画館で観たときだ。クールでスマートなゲームだな〜と感じたが、そのときはプレイしようとは思わなかったし、将来自分がプレイするとも思わなかった。 それからだいぶん時がたって年、友達に「面白いゲームがあるよ」と誘われ、新宿で開催されたポーカー講習会に、ルールがまったくわからないまま参加した。そのときに初めてプレイした テキサスホールデム 日本で主流のドローポーカーとはルールが違う というゲームに、私は一瞬で魅了されてしまった。

ゲーム大会世界一カジノ 36475

プロポーカー選手 木原直哉氏 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」

プロポーカープレイヤーの木原直哉さん。東京大学在学中からプロとして活動を開始し、年には第42回世界ポーカー選手権大会(WSOP)のトーナメントで、日本人初の優勝を果たしている。 ポーカーに限らず、将棋、麻雀、バックギャモンなど、さまざまな頭脳ゲームに熱中してきた木原さん。その中でポーカーを「仕事」にし、世界タイトルを獲得するまでに登り詰めた。その成功の背景には、自身の適性を見極めて戦うフィールドを選び、その上で積み上げた圧倒的な努力がある。 木原さんのように、何かの分野で「一流」と呼ばれるレベルに到達するためには、どんな考え方や取り組みが必要なのか?お話を伺った。 木原直哉さん(以下、木原) :ポーカーでの稼ぎ方は大きく分けて2種類。一つは海外のカジノでの、お金をかけたキャッシュゲーム。勝ったり負けたりですが、長期的に見ればスキルがある方が勝つため、主な収入源となります。もう一つは大会での賞金です。参加費を支払い、上位10~15%くらいに入ると賞金が得られる。優勝すると参加費の総額の2割程度がもらえます。この他に企業からのスポンサー料などもありますが、メインはキャッシュゲームと大会での賞金ですね。 木原 :遠征費や滞在費はたかが知れています。負担が大きいのは参加費ですね。トーナメントは、一つの大会に出るだけで万円ほどの参加費がかかる。トーナメントに出続けても、大きいタイトルが獲れないとすぐに万円くらいマイナスになります。ですから、最も稼ぎやすいのは海外でのキャッシュゲームです。

e-Sportsが盛り上がっていくため,本当に必要なものは何か? 国際カジノ研究所所長 木曽 崇氏に聞く

木原直哉氏は、世界で活躍するプロのポーカー選手。年の第42回世界ポーカー選手権大会 World Series of Poker の「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」(6月日)で、日本人として初めて世界選手権での優勝を果たした。 ちなみに、その優勝賞金は51万2,ドル(約6,万円)であった。 第1回「プロのポーカー選手の生活。世界のカジノを転戦」 年間30ほどのトーナメントに参戦: 私は一年のうち、海外、国内の滞在がおおむね半分ずつです。海外では、カジノ施設におけるトーナメントを転戦し、その間にキャッシュゲームに参加します。 国内滞在中にも、日々、ポーカーの鍛錬を重ねています。一年中、ポーカー漬けの日々です。 海外では、ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)だけで、年間60ほどのトーナメントがあります。そのすべてに出場するのは、物理的な制約や負担も大きく、現実的ではありません。 私の場合、過去3年間でおおむねほどのトーナメントに出場しました。年間30強ほどのペースです。1回のトーナメントは、通常、1日から3日を要します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。