ムートン

クレジットカードを紛失したときは、どうすればいいの?

登録手順カードを守る 62289

お店で、ネットで、突然クレジットカードが使えなくなったら、あなたはどんな原因を思い浮かべますか? 多くの方は、カード本体が壊れた、利用限度額をオーバーした、またはお店の人が読み取りに失敗したのでは?などと思うのではないでしょうか? しかし、 もしかしたらそれは「カード不正利用検知システム」によるアラートかもしれません。

急増しているクレジットカードの不正利用被害!

メールによるウイルス拡散が流行中! 実例でチェック、巧妙な迷惑メールを見破るポイントと対策。 Internet SagiWall for マルチデバイス。 FFRI yarai Home and Business Edition。 個人のお客さまトップ サービス ご利用中のお客さま 法人のお客さま。

登録手順カードを守る 42135

ヘルプ ■ 3Dセキュアサービス(本人認証サービス)について

更新日: 。 クレジットカードを紛失したときも、正しい対応をすれば安心! キャッシュレスな生活を送れて、暮らしにとても便利なクレジットカード。便利だからこそ、紛失には気をつけたいものです。でも万が一、紛失してしまったときはどうすればいいのでしょうか。 ここでは、クレジットカードを紛失してしまったときの対応をご紹介します。 クレジットカードを紛失しても、焦らなくて大丈夫です。適切な対応を知っていれば、不正使用の被害からも身を守ることができます。 クレジットカード紛失時の正しい対応を学び、より安心安全なクレカライフを送りましょう! 多くのクレジットカードには、盗難保険が付帯されているか、カード会社が損金を支払ってくれます。 ですから紛失したクレジットカードが不正使用された場合でも、正しい手続きをとっていれば補償を受けることができます。 クレジットカードを紛失したら、まずはカード会社に連絡して無効手続きを行います。 その次に、警察署の落し物窓口などに、紛失届/盗難届を出しましょう。実は、紛失届/盗難届の手続きをすることで、万が一、紛失したクレジットカードが不正使用されてしまった場合、一部の場合を除き補償が受けられます。 クレジットカードの紛失届/盗難届の届け出は、最寄りの警察署に出向くか、各都道府県の「電子申請サービス」を使用します。 ただし「電子申請サービス」はサービス開始までが多少面倒なので、直接警察署や交番に出向き、対面で手続きをする方が、結果的にはスピーディな対応ができます。 クレジットカードの紛失や盗難が、海外の場合であっても同様です。必ず現地の警察署に出向いて、紛失届/盗難届を提出しましょう。手続きが完了すると、届け出の証明書を発行してくれます。 警察がクレジットカードの紛失届/盗難届を受理すると、届出の受付番号が通知されます。 この受付番号をクレジットカードの発行会社に連絡しましょう。 紛失が判明してからカード会社からの請求書が届いた場合は、利用金額を一つひとつ確認し、不正使用がないかをすみやかに確認しましょう。 不正使用される金額は、必ずしも高額とは限りません。 あえて少額にして、わかりにくいようにしている場合もあります。 少しでも不審なカード利用があったら、前月の支払いなどと比較し、カード会社に問い合わせましょう。 カード会社に紛失・盗難を連絡した時点で、そのカードは無効となり、二度と使用することができなくなります。 そのため、通常はクレジットカードを新規で再発行することになります。 クレジットカードの再発行に関する手続き方法は、紛失・盗難の届け時にWeb上もしくは電話で案内されます。 カードの再発行には一般的に、手数料が発生します。 なお、再発行の手続きは、必ず契約者本人が行う必要があるので注意しましょう クレジットカードの再発行は、残念ながら即日発行は困難です。 一部のカードを除いて、再審査と郵送期間を含めて通常は1〜2週間ほど必要となります。 ただし、海外でクレジットカードを紛失/盗難した場合、一定の手数料を支払えば、緊急発行が可能なカード会社もあります。 ただし、このカードは海外でのみ使用可能なもので、帰国後に再度、カードの再発行手続きが必要となります。 再発行されたクレジットカードは、受領後すぐにカード裏面の署名欄に自署でサインをしましょう。 また、紛失した旧カードの暗証番号が万が一知られていると、新しいカードが盗難被害にあい、不正使用される可能性もあります。 念には念を入れ、暗証番号は第三者が分かりにくいものに変更しましょう。 新しいクレジットカードが再発行されたら、カード払いしている契約先へ、再登録の申請が必要となります。 この再登録を怠ると、料金の引き落としや支払いができなかったりするので、注意しましょう。 ただし、紛失前のカードに貯まっていたカード会社固有のポイントやマイルは、基本的には新しいクレジットカードに自動的に引き継がれます。

カード犯罪から守る「カード不正利用検知システム」とは?

辞書に登録されている単語や「abc」など安易なパスワードは、容易に推測されてしまう可能性があります。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンターのWebサイトに掲載されている「 STOP! キャンペーン 」のページを参考に、強固なパスワードを設定することをおすすめします。 なお、次の情報は、情報の一部分のみ表示されますので、第三者にログインされても完全な形で閲覧されることはありませんが、 ニンテンドーeショップ上で決済手段を不正利用される恐れ があります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。