ムートン

徹底分析!米朝首脳会談~なぜ“合意”に至らなかったのか?~

徹底分析カードを守る 44678

今しか買えない株 逆襲の日本株!

事態打開のカギはどこに?

武田: 注目された米朝首脳会談。結局、合意には至りませんでした。 この事態を前に進めるためのカギが一体何なのか、スタジオの3人にこのようなポイントを挙げてもらいました。 秋山さん: 完全に核兵器にかかわる活動を廃棄するということだと思うんですけれども、北朝鮮は、ニョンビョンの廃棄に応じる。これは非常に象徴的なものではありますけれども、基本的には象徴にすぎなくて、今後の核活動に関して規制が加えられるのではないということだと思うんですよね。ですから、北朝鮮が目指しているところというのは、自らの核の能力を温存し、アメリカと北朝鮮の間では、核保有国どうしの、ある意味、対等な関係。これは核の軍備管理、つまり核の能力を限定するけれども、それは基本的には、核保有国どうしの安全保障に資するものであるという考え方ではないかと思います。 田中: 今、秋山さんからもお話ありましたけれども、ニョンビョンとは、北朝鮮にとって、核開発で大きな役割を担ってきた場所です。1986年に稼働し、出力5,000キロワットの実験用原子炉などを備えています。いわば核開発の総本山です。 秋山さん: ニョンビョンの核施設で、これまで、濃縮ウラン、それからプルトニウムを生産してきたわけですけれども、これ以外の場所に、濃縮ウランを製造する施設があるかもしれない。それから、より重要なのは、すでに保有している核弾頭であるとか、それから核物質、これについて今回、話題にも上っていないということで、これらを対応しなければ、本当の非核化にはつながらないということだと思います。 武田: 北朝鮮は、ニョンビョンについては査察、さらには廃棄ということに応じようとした可能性があるんだけれども、そのほかについては、そ上に上げようとはしなかったと?

■ぼやけた顔の両陣営

アカウント: HHNewsReports。 野田内閣の解散で先送りされていた番号法案(以下、マイナンバー法案)が年5月に衆議院で可決され、成立の見通しとなった。番号を国民と企業(法人)に割り振り、税と社会保障に限って情報を紐づけして行政手続きを簡略化するというものだ。  「番号による一元的な管理」「公的な身分証が発行される」「本人確認ができる」「税金の取りはぐれがない」など様々に言われているが、結局のところどのようなシステムなのか。マイナンバー法案の「そもそも論」からシステム運用の課題、理想的なマイナンバー利用モデルなどを模索した。 ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア ホーム。 特集 著名人インタビュー クローズアップ デジタルトピックス セミナーレポート 流行キーワード 連載 デジタル・ヒストリー ひと息コラム 月島グルメ ぶらり東京散歩 おすすめの本 自主制作動画 著名人寄稿 編集後記 世界で唯一正しいセキュリティは ホワイトリスト型セキュリティソフト ディフェンスプラットフォームだけが実現できます。

■ラウンド16屈指の大一番

2 GU 10 3 T 4 5 6 9 15 4 GU. iDEALPugglePay 24. NetEntIGT'N GoWMSNextGen :.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。