求婚者

【簡単解説】カジノ法案が成立!IRの実態とメリット、デメリットとは?

日本のカジノ法案世界一 46274

旧ポルトガル領マカオは今や世界最大のカジノ都市。主に、大金を賭ける中国人VIPの投資を支えに、米ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)の6倍以上の収益を生み出している。12年の収益は、中国の経済成長が鈍化した影響で前の年から伸びが鈍化したものの、過去最高の億ドル(約3兆億円)を記録した。フィリピンとベトナムも巨大リゾート施設建設でアジア地域の市場シェア獲得をもくろんでいる。

ひとりディベート:カジノ解禁賛成派の論理

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

東京五輪は、カジノ開業のために招致された!?

オリンピック以上に海外からの集客を見込めるイベントはない。現に年のロンドンオリンピック開催時も、イギリスはAspers(アスパーズ という国内最大級のカジノを建設し、オリンピックパークの隣に先行オープンさせた。東京都もこれに倣(なら)ったのだ。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。

日本版カジノはどんな施設になる?

画像素材:PIXTA 今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。 本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場。 画像素材:PIXTA 年12月に「カジノ法案」が成立して以来、しばしばカジノに注目が集まっている。大きな観光資源になるという賛成派の声がある一方で、今年9月には横浜でカジノ反対派が声をあげ、一悶着あったばかりだ。悪いイメージが先行しているが、そもそもカジノとは、世界ではどういう位置付けなのだろう? 「日本では競馬やパチンコと同じギャンブルとして後ろ暗い文脈で語られるのですが、それは大きな誤解です。世界におけるカジノは、高級ホテルや豪華客船と同じ、きらびやかで美しい世界なんですよ」と教えてくれたのは、日本カジノ学院代表・贄田(にえだ)崇矢さんだ。 そもそもギャンブルの歴史をひもとくと、有史以来、私たちのご先祖は石や木片、動物の骨などをダイスとしてさまざまなゲームを考案して遊んできた。そして、17世紀のイタリアで産声をあげたのがカジノだ。 「男性はスーツやタキシード、女性はカクテルドレスというドレスコードがあるカジノもあって、世界では週末におしゃれをして観劇にいくようなイメージの場所なのです。マフィアが出入りするような一部の裏カジノはさておき、本来のカジノはセキュリティの行き届いた場所であり、非日常の世界に浸りつつ、ゲームで遊べる健康的な遊び場なのです」(贄田さん)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。