求婚者

パチンコで経験済「日本にカジノ」の危険度はいかほどか?

カジノ適法性富裕層スロット 57264

インドでは年連邦「公共賭博法」(Public Gambling Act)により原則賭博行為は禁止とされ、年の「情報技術法」(Information Technology Act)においてもインターネット賭博は禁止されている。例外としてロッテリー、ベッテイング及び競馬は、別途特別立法措置により限定的に認められ、一部州で提供されているのが実態となる。但し、現実的には様々な形での違法賭博が横行している模様でもあり、スポーツ・ベッテイングやカード・ゲーム等は大都市では非合法裏に行われ一般化しているとされ、平均的インド人の賭博志向はかなり高いといわれている。

IR*ゲーミング学会

内、首都プノンペンの施設のみが高規格施設として知られており、マレーシア華僑がオーナーとなり、香港株式市場に上場しているNaga Corp社が設立したNaga World Casinoと呼称する1。 尚、国境に位置したカジノ施設とは、カンボジア・タイ国境(ポイペト市, Poipet)、カンボジア・ベトナム国境(バベット市,Bavet)に位置した宿泊施設を併設したカジノ・ホテルである(ポイペトはバンコックから車で3時間、アンコールワットから車で3時間の距離にある。バベットはホーチミンから車で1時間、いずれも、隣国からはアクセスが容易な地点となるが、カンボジアの首都プノンペンからは、かなりの距離になる)。国境周辺カジノは、隣国であるタイやベトナムではゲーミング賭博が認められていない事実に依拠した上で、この事実に寄生し、隣国の顧客を奪い、消費させるというビジネス・モデルになる。この意味では施設も、サービスも国際レベルではありえないし、諸外国の旅行者が訪問する滞在型リゾート施設的性格があるとは到底判断できない。かつまた国境カジノ施設の許諾ライセンスは資金を多く出せた主体に付与された模様でもあり、会計帳簿をつけているのか否かも疑わしい。限りなく不透明な慣行でカジノ施設の運営がなされていることが現実でもあろう。一方、隣国との国境紛争を巡る関係悪化によっても、顧客数は激減することもあり、年9月、11月荷はバベット市の二つのカジノ施設が資金難に陥り倒産している(VIP Casino, Winn Casino)。これら国境カジノはいずれも健全な経営をしているとは到底判断できない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。