求婚者

【ラスベガスの治安状況】カジノがあるから治安が悪い?外務省情報から犯罪・事件の現状を地域別にアメリカ在住者が解説!

で過ごす夜ラオスカジノ 20993

館内を飛び回るハエの多さに辟易した。 特にハエが多く飛び回っているのが、ビュッフェ会場と、カジノ場だ。 館内全体では、相当な数のハエの量になると思われる。 また客室では、調度品の欠損や、絨毯の汚れ、タバコの焦げ跡などを多く目にするが、それらに対する満足な修繕がおこなわれていないのが実情である。 年に開業して、まだ4年しか経過していないにもかかわらず、館内及び客室の劣化の酷さには驚いた。 カジノ場では、絨毯の床に痰を吐く客や、カジノ台にタバコの焦げ跡を付ける客、カジノ台に飲み物をこぼす客などが居り、不快になる事が多かった。 年現在、以前に存在していたスイミングプールは跡形も無く取り壊されている。

ラスベガスの最新治安情報は?犯罪/事件などの発生状況と注意点概要

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。