求婚者

世界で最も美しいカジノ「カジノ・バーデン」温泉も楽しめるドイツの歴史ある貴族の社交場

ヨーロッパの美しいパラダイスシティカジノ 23574

パラダイスシティ 仁川国際空港近くの「パラダイスシティ」。9 月に大規模なクラブ「クロマ」や韓国とヨーロッパのスパを融合させた「シメル」がオープンした。

カジノバーデンのドレスコード

こんにちは。TABIPPOの 小泉翔 です。学生時代に世界一周の旅に出てから、気づけば今年で10年。旅の途中で出会った仲間と立ち上げたTABIPPOも会社化して6年が経ちました。 海外旅行へは仕事の出張で行くこともあれば、プライベートで行くこともあるのですが、長期での休みを取りにくい業務担当なため、 【近くて、安くて、刺激的!】 がここ最近の個人的な海外旅行のテーマになっています。 そんなパラダイスシティに1泊2日で旅行してみると、 一体いくらかかるのでしょうか 。低コストで楽しめると言いつつも、何十万円もかかってしまってはたまったもんじゃありません。

世界で最も美しいと言われるカジノ

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 パラダイスシティの中心にあるWOWゾーンには、世界で活躍する日本の芸術家「草間彌生」作のカボチャのアート「Great Gigantic Pumpkin」が、ドーンと象徴的に鎮座。 パラダイスシティ全体には、3,点ものアート作品が配され、アートとリゾートのコンテンポラリースペースとして、ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。 WOWゾーンは、草間彌生のカボチャを中心として、放射線状に通路が伸び、パラダイスホテル&リゾートの客室やレストランなど、それぞれの非日常空間に誘います。 パラダイスカジノの印象的なエントランスも、アート作品。韓国アートの「MIOON」の作品「MOVING GATE」。不思議に動くアート作品の門は印象的です。 カジノ内の中央には、「MIOON」のアート作品「GOLD CAROUSEL」が鎮座。煌びやかなメリーゴーランド型の巨大オブジェが、カジノを飾ります。 パラダイスホテル&リゾートのフロントロビーには、金と赤の色彩で彩られた馬のアート作品「ダミアン・ハースト」の「ゴールデンレジェンド」が。 作品は、ギリシャ神話に登場する神馬ペガソスを再現。ホテルの顔となるフロントロビーに相応しい、飛躍を感じる作品です。 イタリア出身のデザイナーであり建築家の「アレッサンドロ・メンディーニ」は、韓国伝統のポジャギ(パッチワーク)をモチーフにして、パラダイスホテル&リゾートの外壁と巨大な椅子のアートを展示。 「パラダイスプルーストアームチェア」は、アレッサンドロ・メンディーニの代表作「プルーストの安楽椅子」の巨大版です。

世界のアートを無料で見られる!?

韓国ソウルの仁川国際空港近くに、まだ日本人客はあまり見かけない「パラダイスシティホテル」という韓国初の統合型リゾートホテルがあります。 仁川国際空港から直行便の無料シャトルバスも出ており、5分程度で着きます。 エントランスには高く設けられた天井からシャンデリアが輝き、 中央には草間彌生の南瓜が待ち受けています。 その他にも世界のアートが随所に飾られており、 エントランスにはダミアン・ハーストのペガサスが舞い降ります。 最近では韓国屈指の人気アイドルグループ「BLACK PINK」がイメージモデルをしていることから更に注目を集めています。 ホテル内には韓国最大級のカジノ、スパ、アミューズメント、ショッピングアーケード、クラブなどがあります。 このカジノは韓国の人は利用できず、利用できるのは外国人宿泊者のみとなっています。 カジノ内には日本語教育を受けているスタッフもいるので、初心者の方でも安心です。 小さな金額からかけるなど、遊び感覚で楽しんでみるのも良いですね。

TOP 1 -Category-

常に独自の視点で独自の音楽を生み出していくDJとして世界中で活躍する田中知之(FPM さん。音楽のみならずファッション、時計、クルマ、グルメとオールジャンルでの博覧強記を駆使した田中流「男の定番」をご紹介する連載です。 SIGN IN。 お気に入り Twitter Facebook Line Mail Pocket Hatena。 お酒はたいして飲まないワタクシですが、カジノだけは嗜みます。ゆえに海外旅行は、2時間チョイで着けて航空券も安い、知る人ぞ知るカジノ大国韓国が定番。とりわけオススメなのが同国の玄関口、仁川(インチョン)空港から3分の好立地に位置する「パラダイスシティ」です。 「パラダイスホテル」、「パラダイスカジノ」をメインとした既存のIR施設は、年の1次オープン時でも同国最大を謳っておりましたが、このたびその規模をさらに拡大する2次オープンが完了。ラグジュアリー・デザイナーズホテル「アートパラディソ」、プレミアムスパ「シメル」、北東アジア最大級のクラブ「クロマ」、美術館「パラダイスアートスペース」、そしてイベント型ショッピングアーケード「プラザ」など、家族で、カップルで楽しめる新施設がついに完成したのです。さらに今年春には、ファミリー向けのエンタテイメント施設「ワンダーボックス」も完成を予定しています。 その豪華絢爛、充実ぶりたるや、まさに施設から一歩も出ずに十分満足できるほど。これなら誰にはばかることなく、ワタシもカジノに興じられるというもの……。おっと、心の声が漏れ出てしまいました。なんせママにも嬉しいことこの上なしの一大リニューアルなのだから、多少入れ込んだって文句は言われなかろうかと。そんな余談はこのぐらいにして、早速その全貌をご紹介いたしましょう!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。