使用法

横浜市のカジノ誘致に市民猛反発 説明会は司会の渡辺真理にヤジが飛び、釈明騒ぎも

今日のドレスコ横浜誘致IRカジノ 14147

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。

カジノと関係ない話を延々と続ける市長に会場から呆れ声

和歌山県IR誘致のポイント:大阪IRとの共存とシナジー創出 ・政府IR推進本部事務局は、年12月18日から年1月18日、全国9ブロックで「特定複合観光施設区域整備法に係わる説明会」を実施。そこで、以下の答弁があった 「(会場質問)IR整備区域(都道府県等)の選定基準に、地理的な偏りは考慮されるのか?」 「 (政府答弁)地理的な偏りが生じないよう配慮する基準はない。国は、最大3つのIRを活用し、日本を国際観光先進国に引き上げることを政策目標とする。その公共政策の目的に最も合致するIR整備区域を選ぶ 」 ・関西では、大阪府市と和歌山県がIR誘致作業を推進中。政府方針は、双方が選定されるシナリオを描く和歌山県にとって追い風となろう ・和歌山県の考え方 「関西圏の後背人口や関西国際空港からのインバウンドを考えた場合、大阪と和歌山にそれぞれIRができれば相乗効果を生み、2つのIRが2つ以上の経済効果を生む」。 IR事業化のポイント:地域事業者の役割が重要に~IR整備法, 中核施設3号, 4号がキーに ・海外IR事業者、県外事業者は、県内企業のパートナーを強く求める ・都道府県等によるIR事業者の選定、政府による区域選定は、IR区域整備計画の内容を競うコンペティション ・IR区域整備計画で差別化ポイントとなる号の策定では、地元企業の協力が欠かせない ・IR整備法は、IR内に5つの中核施設(号)の設置を義務付けた  1号「国際会議場」, 2号「展示場」, 3号「我が国の観光の魅力増進施設」, 4号「送客機能」, 5号「宿泊」 ・なお、海外コンテンツは、6号、非中核と位置付けられた ・IR区域整備計画の策定(都道府県等の事業者選定、政府の区域整備計画の選定・認定)において、3号と4号のアイデア、具体名を含むリアルが差別化のポイントに。 和歌山県IRに関する投資意向調査(RFI, equest For Information)の実施について(年5月29日)。 和歌山県IR誘致パンフレット(日本語) 和歌山県IR誘致パンフレット(英語)。

誘致レース(852)和歌山県=県 来春に実施方針RFP開始。秋に業者決定~横浜長崎と並走

画像素材:PIXTA 今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。 本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場。 画像素材:PIXTA 年12月に「カジノ法案」が成立して以来、しばしばカジノに注目が集まっている。大きな観光資源になるという賛成派の声がある一方で、今年9月には横浜でカジノ反対派が声をあげ、一悶着あったばかりだ。悪いイメージが先行しているが、そもそもカジノとは、世界ではどういう位置付けなのだろう? 「日本では競馬やパチンコと同じギャンブルとして後ろ暗い文脈で語られるのですが、それは大きな誤解です。世界におけるカジノは、高級ホテルや豪華客船と同じ、きらびやかで美しい世界なんですよ」と教えてくれたのは、日本カジノ学院代表・贄田(にえだ)崇矢さんだ。 そもそもギャンブルの歴史をひもとくと、有史以来、私たちのご先祖は石や木片、動物の骨などをダイスとしてさまざまなゲームを考案して遊んできた。そして、17世紀のイタリアで産声をあげたのがカジノだ。 「男性はスーツやタキシード、女性はカクテルドレスというドレスコードがあるカジノもあって、世界では週末におしゃれをして観劇にいくようなイメージの場所なのです。マフィアが出入りするような一部の裏カジノはさておき、本来のカジノはセキュリティの行き届いた場所であり、非日常の世界に浸りつつ、ゲームで遊べる健康的な遊び場なのです」(贄田さん)。 世界のカジノをのぞいてみよう! 人気カジノ3選。

日本が海外から学ぶべきことは

和歌山県IR誘致のポイント:大阪IRとの共存とシナジー創出 ・政府IR推進本部事務局は、年12月18日から年1月18日、全国9ブロックで「特定複合観光施設区域整備法に係わる説明会」を実施。そこで、以下の答弁があった 「(会場質問)IR整備区域(都道府県等)の選定基準に、地理的な偏りは考慮されるのか?」 「 (政府答弁)地理的な偏りが生じないよう配慮する基準はない。国は、最大3つのIRを活用し、日本を国際観光先進国に引き上げることを政策目標とする。その公共政策の目的に最も合致するIR整備区域を選ぶ 」 ・関西では、大阪府市と和歌山県がIR誘致作業を推進中。政府方針は、双方が選定されるシナリオを描く和歌山県にとって追い風となろう ・和歌山県の考え方 「関西圏の後背人口や関西国際空港からのインバウンドを考えた場合、大阪と和歌山にそれぞれIRができれば相乗効果を生み、2つのIRが2つ以上の経済効果を生む」。 IR事業化のポイント:地域事業者の役割が重要に~IR整備法, 中核施設3号, 4号がキーに ・海外IR事業者、県外事業者は、県内企業のパートナーを強く求める ・都道府県等によるIR事業者の選定、政府による区域選定は、IR区域整備計画の内容を競うコンペティション ・IR区域整備計画で差別化ポイントとなる号の策定では、地元企業の協力が欠かせない ・IR整備法は、IR内に5つの中核施設(号)の設置を義務付けた  1号「国際会議場」, 2号「展示場」, 3号「我が国の観光の魅力増進施設」, 4号「送客機能」, 5号「宿泊」 ・なお、海外コンテンツは、6号、非中核と位置付けられた ・IR区域整備計画の策定(都道府県等の事業者選定、政府の区域整備計画の選定・認定)において、3号と4号のアイデア、具体名を含むリアルが差別化のポイントに。 和歌山県IRに関する投資意向調査(RFI, equest For Information)の実施について(年5月29日)。 和歌山県IR誘致パンフレット(日本語) 和歌山県IR誘致パンフレット(英語)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。