使用法

パチンコ&スロットことぶき 新都心店

新3Dスロット 17470

THE ONE I LOVE。

縲悟ョ牙ョ壽€ァ縲阪〒鬮倥>隧穂セ。繧貞セ励※縺・k鬘樔シシ蝠・刀

トリガー ( 操縦桿 ) 、4箇所のフルレンジスピーカー、3Dサラウンドシステムを業界で初めて採用した「 CRフィーバー超時空要塞マクロス 」。トリガーは、今もSANKYOのパチンコ機につくことが定番となっているほか、競合メーカーも、チャンスボタン以外に演出に関わるさまざまな入力装置を付けることが定番化しました。後に続く遊技機の先駆け的なギミックや演出を盛り込んだ名機です。 同名の人気アニメーションのキーワードである「合体」を盤面全体を使った大型ギミックで再現した「 CRフィーバー創聖のアクエリオン 」。演出に合わせて何度も合体する役物の機構は、多数のパーツを組み合わせた上で強度を保たなければならず、SANKYOの技術力の見せどころとなりました。 業界初のタッチパネル付き液晶搭載機「 銀河鉄道物語 」。タッチパネルで演出が次々と継続します。従来通りドラムリールを見て楽しめることはもちろん、タッチをすることで、ドラムリールの動きを見なくても楽しめるという、パチスロの新しい遊び方を提案しました。 業界最大の 15 インチ液晶を搭載した「 CRフィーバーネオパワフル 」。演出によって役物が可動し、隠れている液晶が出てくることによる広さを活かした画期的な演出が人気となりました。また夢夢ちゃん、ナナちゃん、ジャムちゃんの3人娘共演も話題となりました。 当時の遊技機の新規則対応機業界第一号として登場した「 CRフィーバー大ヤマト2 」。演出を豊かにするサウンドへのこだわりや大当りへの期待度が多くのパチンコファンの心をつかみました。また新規則対応機を業界初でリリースできるSANKYOの開発力の高さを証明する一台でもあります。加えて、当時業界最大液晶モニターも搭載し、美しいアニメーション演出も話題になりました。 ついに登場した、SANKYOのパチスロ市場参入の第一号機「 ボンバーパワフル 」。基本演出は、パチンコ「 CRフィーバーワイドパワフル 」を継承しているため、SANKYOのパチスロで初めて遊ぶユーザーにわかりやすい機種となっていました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。